汚染土壌対策工事


土壌汚染の深さ及び範囲を調査し、土壌汚染の対策工事をして土壌汚染リスクを解消します。
重金属等による土壌汚染対策は汚染土の掘削除去が一般的です。ただ、汚染物質や汚染濃度、対象となる現場状況によって工法は変わってきます。
関西テイクは主に掘削除去を中心に汚染土壌対策工事をおこなっております。

造成工事


造成工事は「宅地造成規制法」に基づき、分譲地を造成して整える工事です。
造成工事の許可を要するには様々な条件があります。
関西テイクでは長年の経験と実績により環境と景観を壊すことなく、最適なご提案をいたします。

地盤改良・表層改良工事

地盤改良(じばんかいりょう)とは、建築物、橋梁などを地盤上に構築するにあたり、安定性を保つため地盤に人工的な改良を加えることです。
基礎地盤の改良工法には、置換工法、浅層混合処理、深層混合処理工法、載荷工法、脱水工法、締固め工法、杭工法(鋼管杭工法・既製コンクリート杭ほか地盤補強会社独自の工法)、流動化処理工法などがあります。
表層改良工事とは支持層が浅い(〜1.5m未満)軟弱地盤に対し、セメント系固化材の粉体と土を施工機械(バックホウ)で混合攪拌を繰り返した後、転圧締固めにより所定強度以上の平面改良体を作る工法です。
軟弱地盤の土を鋤き取り、固化剤を混ぜた土を良好地盤の上に締め固めることで、良好地盤と一体化させます。そうすることで建物を支持するための強固な地盤が出来上がります。
関西テイクでは長年の経験と実績を元に最適な工法で工事を行います。

解体工事


解体工事とは建造物の取り壊し、建て替えまたは新築工事をするときに、在来の建物を取り壊し撤去する工事を言います。
近年、解体工事の内容も多様化しております。
関西テイクでは近隣に配慮しつつ、安心安全を心がけて解体工事を行います。

舗装工事

舗装工事といえば、アスファルトを施工するだけの工事を連想されるかもしれませんが、そうではありません。
良い舗装道路を作るためには、その下にしっかりと締め固まった路盤が必要であり、さらにその下には、安定して支持力を発揮する路床が必要不可欠です。
関西テイクでは長年の経験と実績で耐久性の高い舗装工事を行います。

土木工事のお問合せ